日本サプリメント評議会 トップ » 評議委員 » 福田一典 先生

福田 一典先生

銀座東京クリニック

銀座東京クリニック

福田一典科学的な根拠に基づいた機能性食品の使用が重要と考えます。
特に癌治療においては、機能性食品によって悪化する場合があることも経験しており、また科学的に推奨されないものも多いです。
これらの情報を十分に把握しながら、的確に使用することを心掛けています。

福田一典のプロフィール

1978年熊本大学医学部卒業。同大学第一外科、鹿児島県出水市立病院外科、米国バーモント大学医学部に留学しがんの分子生物学的研究を行う。その後久留米大学医学部第一病理学教室助手、株式会社ツムラ中央研究部長、国立がんセンター研究所、岐阜医大学医学部を経て、銀座東京クリニック開設。

福田一典が専門とする分野

漢方薬、ビタミン、ミネラル、IP-6、アラビノキシラン、サメ軟骨エキス、サメ脂質、ローヤルゼリーなど

福田一典が所属している協会・団体

日本癌学会
和漢医薬学会
がん予防研究会
がん分子標的研究会 など

福田一典が執筆・監修された書籍

がん予防のパラダイムシフトー現代西洋医学と東洋医学の接点ー (医薬ジャーナル社1999年)
からだにやさしい漢方がん治療 (主婦の友社2001年)
見直される漢方治療 : 漢方で予防する肝硬変・肝臓がん (碧天舎、2003年)

福田一典のコメント提供

ラクティス(乳酸菌生成エキス) 腸内細菌叢を乳酸菌などのいわゆる善玉菌... [コメント全文]
シンドロンSX グリスリンは、マイタケの研究から開発さ... [コメント全文]